Tag: hegymász

奥多摩トレーニング

#nowplaying Asian Kung-Fu Generation – 七里ヶ浜スカイウォーク (サーフ ブンガク カマクラ)

来年の予定が固まったので、本格的にヒマラヤに向けてトレーニングを始めた。ほぼ毎日何かがある。朝からジムのトレドミルで1時間強やったり、体幹を中心に筋トレしたり。そこで一つ課題は、トレドミルで1時間半ぐらいが限界ということ。それ以上行くといくらポドキャス聞きながらでも飽きる。一方で山なら6時間10時間でも飽きたりはしない(疲れたりはする)。


Oxygen

Using supplemental oxygen for high altitude climbs is common. I’ve even seen people use mini oxygen tanks on Mt Fuji. While it’s highly unlikely you’d need extra oxygen around that altitude (unless you go there with absolutely no training and the lung capacity of a goldfish), it can keep people alive and let them succeed above 8000m.

I don’t know who came up with the idea that climbing without supplemental oxygen is the only “fair means” to reach a summit (maybe Messner?), but I beg to differ. It is definitely a bigger achievement but that does not make using it cheating or doping.


身の程わきまえる

ネット上に登山者としての「レベル」に関しての話を見かけた。生涯山行日数から考える登山レベルみたいなことで300日山の中にこもっていないと初級者とのこと。こういう格付けがすごく嫌い。

まず意味がない。上級者とラベル付けられても、それは一体何をさしている言葉なのかは人それぞれの解釈になる。ロープなどを使ったバリエーションルート(槍の北鎌や劔の源次郎尾根とか)が登れるということ?それともそこによりレベルの低い人を連れて行って守り抜けるということ?それとも登山のスピードをさして槍ヶ岳を日帰りで走れる人なのか?いっそTJAR走るような偉人にでもなれと?


武尊山其の弐

1月の頭にすでに一回武尊山行ったことあるが、その時は雪山登山の予定が吹雪に阻止された。コロナで自宅待機するのも飽きて車借りてもう一回挑戦しに行ってきた。結果から発表すると、今回は無事山頂に立てた。


Asama!

I got really fed up with sitting at home because of covid. So instead I rented a car and went for a snowy hike where I wouldn’t be likely to run into people: Mt Asama, an active volcano. In fact I only ran into 1-2 people on the way.


Return to Kumotori

While other countries have pretty harsh lockdown rules (from what I hear on the news), Japan is pretty lax about that. While commuting to work by train is discouraged, I figured going up in the mountains (where there are hardly any people) it can’t hurt, right?


Training for Aconcagua

After Elbrus and Kilimanjaro, I knew I can’t take Aconcagua lightly. At almost 7000m it’s the highest mountain outside of Asia and thus the second highest of the Seven Summits. Working full time, the time I had available for training was very limited. This was before covid hit either, so I actually had to commute to the office too, which is about an hour one way. So what can the man do if he only has so many hours in the day and he needs some sleep too, but training has to be done for Aconcagua?


武尊山其の壱

以前行った北アの穂高とは間違わないこと。上越の武尊山は群馬の奥利根にあって北アの穂高よりは高さ1000m程低いが、雪が豊富。今回の計画ではスキー場のシャトルバス使って、スキー場の麓からリフト使わずに山頂に登って、そして下りてからスキー場を満喫する予定だった。予定は予定で実行はまた別物…

川場スキー場に着くまでは予定通りだった。上毛高原まで新幹線で、そこからは直結のシャトルバスで(バスは要予約なので注意)。電車からも晴れ予報がそうじゃないように見えたけど、スキー場に着いたら普通に吹雪だった。それでも上行ってみようと思った。ただ途中で徒歩はご遠慮くださいみたいな標識があったか飽きたか記憶が曖昧が上まで結局リフトで行った。そして上に着いたら登山はしない判断した。

吹雪で視界がほとんどなく、雪の中で道どころか足あと一つすらなかった。さすがに地図でしか見たことない山の、腰ぐらいの深い新雪に、スノーシューがなく踏み入れるほど狂ってはいない。スキー場もあって雪山登山に人気な山かと思ったけど、天気が悪いせいか見かけた他の登山装備の人も皆諦めたと言ってた。

無念ではあったがスキー場で楽しく一日スノボしてた。


Tanigawa-dake

If you’ve watched Yama no Susume, then you’ve heard of Mt Tanigawa. It’s the goal of a major arc of the story and an important memory to the characters. I went there in a different season though (in the snow), but didn’t climb the main summit. For no particular reason other than I didn’t realize the summit I was at wasn’t the highest point. Whoops.


Mitake & Otake

Mitake with its ropeway is probably “the” hiking destination in Tokyo. It’s accessible, not particularly high and you still get beautiful views. Oh, and crowds. Of course crowds.