Tag: 日本語

Rails counter_cacheの罠

counter_cacheはいいぞ。 #いいぞ

counter_cacheって?

アプリの大きさや目的に関わらず結構早い段階からいろんなものを数えたくなる。ユーザー何人?記事についてるタグ何個?


マック?マクド?正しくは毒

マクドナルドの大阪対東京(マクドvsマック)広告みたら、いつもよりはましにみえて食ってみた。後悔した。

もの自体はまぁ悪くない。対決というなら明らかに大阪の勝ちだけど。東京のロースバーガーけっこう期待してたけど、小さかったし、パンもモロかったし、味も薄かった。それに比べてカツはちゃんと味も量もあった。


ルビーのパパ

昨日またルビーイベント参加してきた。今回はルビーの作者マッツさんの話が聞けるという訳で楽しみだった。実際に気になっていたことや、ここから半年で気になるだろう的なこともいっぱい聞けてよかった。


MedBeer: Rails 5.1

昨夜医療サービスのメドピアさん主催のRails 5.1勉強会に参加してきた。タイトルから見ると大した勉強になる期待はしなかったが、予想外に有意義だった。一番面白かったのは最初と最後。


Clojure始めて5日間

Clojure(以降ローマ字に切り替えるのめんどいのでクロージャーと)の流行りに流されてしまった。

ラムダ計算は苦手だけど、苦手だからこそ挑戦したかった。弱みがあるの知ったら直したくなるのは性格。ジャヴァも苦手。別に言語としてどうこう以前に、この前アンドロイドアプリ作ってみてすごく苦戦したのは後味が悪い。


OSSのすすめ

経済卒だけに、日常や人生のあらゆる面に効用の(俺の中の)概念を当てはめてる。意味がないことや、非効率的なやり方を我慢するのが難しかったりする。もちろんその分の金もらえるなら、我慢の限度も上がる。それでも短期的な効果がみえにくいことや進捗が測りにくいものは苦手。

そして言語が好き。別にプログラミングに限らず、言語のこと読んだり、使い方とかの入門をみたりするのが楽しい。例えば去年の今ころはアステカのナワトル語がマイブームだった。数年前はアイヌ語だった。今はハマる前提でどの(今回はプログラミング)言語にしようかを検討してる。


バスパス

4月から電車で通勤することになった。駅まではちょこっと遠く、いいペースで歩いても10分以上かかるので、特に雨の日はバスに乗りたい。

乗りたいが乗れない。ちゃんと定期も買ったのに、あてにならないから使えない。10分遅れてくるか、3分早くくるかとかが日常茶飯事、さすがに朝の通勤の時はバス停で場合によっては20分待つほど余裕じゃない。

ダイヤは何のためにあるだろうか。別に当てにならないもののつもりで作ってるのかな。土曜の夕方、駅に歩きながら見かけたバスは10分以上遅れてた。これでおもしろいのは、そのバスは大泉学園駅発で上石神井駅に着いた時点で10数分遅れ。ちょっと頑張れば10分でチャリでもその距離は走れるが。

バスは約に立たない。残念だった。


コードレビューを研く

Vaidehi JoshiさんのCrafting Better Code Reviews記事の翻訳です。

人間と技術の関係はいつの時代でも単純や楽には決して言えない。特に技術を作る人にくると、それが明らかになる。私自身も、職業でコードを書く人として、もっともコードレビューの際に痛感する。

開発の人は作業をアートに近い目線でみて(そういうところは美術作家などのクリエーターと同様)、自分のコードへの愛着が非常に強くなりがちだ。開発はエゴを捨てるべきと、自分のコードだけじゃなくて見る機会があるマージ待ちコードはすべてしっかり見るべきだと言われる。書いたコードをみてもらうのも、同僚のコードをみるのも、スバラシイコト™でやるべきことだって。推奨されるそんな習慣を身につけてちゃんとやっている人も少なくはない。


ヒゲよさらば

あごひげ何年間もってたかわ正直、分からない。FBの写真を追って見ると、2012年の冬はまだ顎がつやつや(ではなかったが一応ヒゲはなかった)。そして2013年の春の写真で始めて登場して、翌年の梅雨リングを付けた。

大学の卒業式はまだとめてなかったが、会社に入って研修中にEtsyからリングを買った。

以降の3年間、そのリングでとめてあるひげがトレードマークになって、オリジン4で登場したキャラもつけてる(が、ヘルメットのせいであまり見えない)。

という長い歴を持ったひげと昨日お別れしました。イメチェンもかねて新しい可能性に挑戦していきます。


秩父行ってみた

GW中は何か、部屋にこもる以外のこともやりたくて、西武線に洗脳されて秩父行ってみた。今の時期は多分芝桜が一番の魅力かなと思うけど、俺の日帰り旅行はそんなバラ色の物語はなれなかった。

近くに池袋線の駅もあるし、一本で秩父までいけたので電車の分はまだ楽だった。よりも、行きの、電車の分がね。

何をしに行ったかって聞かれると、山を登りたかった。ググったところ、その辺はいろんな山あるし、けっこうルートとかも整ってるから、気軽にいけるかなと思った。参考にしたページに書いてあった山のなか、堂平山が一番魅力的だった。ここで第一のミス:そこでリンクされているのは東武のおすすめです。